『発熱時の対応』

子どもの状態がどのような具合か

☆観察のポイント

  • きげんは普段とどう違うか
  • 水分を摂取出来ているか
  • ミルクや母乳を飲めているか
  • 食事は摂取出来てるか
  • 手足を触ると冷たい・・・手足が冷たく、寒がっているようであれば衣服やかけ物室温などを温かくしてあげてください。お子さんは寒がっています。
  • 手足を触る温かい(熱い』・・・熱が上がった状態で、お子さんは暑さを感じていいます。衣服を薄着にする、かけ物を薄く調節する、室温を涼しくする、お子さんが嫌がらなければアイスノンを使用するなどしてあげてください。汗をかいたら、着替えさせてあげてください。医師から処方された解熱剤があれば使用してかましません。
  • 受診しなければいけない症状:水分がとれず半日以上おしっこが出ない、咳がひどくて眠れない、けいれんをおこした、声をかけても意識がはっきりしない、ぐったりしている、


病気の子どものQ&A ~当会に寄せられた質問から~

「お熱があがると心配でどうしたらいいかわかりません。どうしたらいいですか?

発熱は身体の防御反応です。

40℃の高熱でも脳はダメージを受けません。

お子さんが嫌がらなければ脇の下や足の付け根などをアイスノンで冷やしてあげてください。

また、寒がっている時は温かく、暑がっている時は涼しく、室内の温度や衣服を調節してあげてください。

「解熱剤はどうやってつかったらいいですか?」

解熱剤か必ずしも使う必要はありません。

お子さんの様子がぐったりしてつらそうな時や、お熱で苦しくて眠れない時など、お子さんの様子を見て使用する事をお勧めします。

解熱剤は、体温が1℃下がれば効果ありと考えます。熱が下がって、お子さんの具合が少し楽になった時点で、食事や水分の摂取、睡眠が取れるとがとれるといいでしょう。

また、解熱剤は必ずその子に処方されたものを使用してください。